忍者ブログ

劇団WARBLERブログ

立教大学新座キャンパスで活動している劇団WARBLERの活動ブログです

69

こんばんは!前作「ゴジラ」ぶりのブログを書いてます雅です!
私は今回、恐れ多くも演出を務めさせていただきました。

一日経ってしまいましたが、
改めまして、劇団warbler第29回公演「風を継ぐ者」昨日で無事全公演を終えることができました。
この演目に決まってから約三か月間、役者スタッフ一同懸命に走ってきましたが、公演の三日間、最後背中を押して走り切る力をくださったのは、劇場に足を運んでくださったお客様と、お客様からの温かいお言葉です。本当にありがとうございました。





さて、ここからは少し内輪の話になってしまうのですが、
warblerとしては4年ぶり、我々にとっては初の時代劇である本公演を、
本当に本当に未熟で拙い私を、支えてくれた人たちのお話をしようと思います。


初めての時代劇、初めての殺陣、初めての方言…中には初めて舞台に立った人もいる。そんな初めて尽くしの怒涛の毎日の中、慣れない立ち回りに手間取ったり、思うようにキャラクターがつかめず落ち込んだり、体力的にも精神的にも本当に大変だったと思います。それでも、必死に食らいついて、その頑張りで、皆を引っ張って行ってくれた、ステージでで輝く人たち。

初めてのチーフにピンスポットとは思えないほどしっかりしていて、物語の世界を照らし、殺陣のシーンでは全体照明と手動のピンスポットで斬られる一瞬を切り取る。また、そんな後輩と未熟な私を見守り支え、技術を受け継いでくれた、そんな神業を持った人たち。

一瞬のアクトに音を添え役者の剣を輝かせてくれた、物語に空気を与えてくれた。役者を生かすことを一番に考え、私の拙いイメージを何度も何度も探し作り出してくれた。未熟な私を支え、音で役者に寄り添ってくれた。そんな、調光室に住む神様たち。

皆が稽古している間、部室で一つ一つ愛のこもったお野菜を、日記を、診療具を作り、刀が壊れるたびにお世話をしてくれた。本番も、公演が終わるまで裏から皆を支えて続けてくれた。役者の演技に華を添えてくれた。コツコツ頑張り屋な人たち。

作ったこともない羽織を、結ったこともない髪形を、どうやったら再現できるのかと考えてくれた。休憩の間も、皆のためにコツコツ作業してくれていた。私の無茶なお願いに応えるために、毎日毎日地道に頑張り続けてくれた人たち。

役者が輝ける場を、今まで作ったこともない幕や、旗を作ってくれた。そしてこれまた私の無茶ぶりで旗を靡かせ迅助の走りを輝かせてくれた。そんな、私のイメージを形にしてくれた人たち。

お客様のことを一番に考え、公演情報から劇場への案内、そして物語の補足まで、親切丁寧の限りを尽くしてくれた。陰からそっと皆のことを支え続け、皆の頑張りを発信し続け、とびきりのセンスで公演の顔を担ってくれた人たち。

素敵な笑顔でいかにお客様に快適に劇場で過ごしてもらえるかを考え対応し続けてくれた。公演当日のプロフェッショナルたち。

多くのお客様の目を奪った、この公演の華である役者の殺陣を、たくさんたくさん悩みながら生み出してくれた。それだけでなく、この公演を支える費用のやりくりも、小道具の一員としても戦い続けてくれた。本当に本当に助けられっぱなしだった。優しくて仲間思いで、最高に格好良いたったひとりの女武士。

皆の稽古場の確保から公演のスケジューリングまで、ずっとずっと陰から私たちを支え続けてくれた。私が稽古場にいられない時も皆を引っ張ってくれた。頼りなさすぎる演出を支えて、時にはブレーキをかけてくれた。皆のために考え続けてくれた相方さん。



こんな素敵な人たちがいなければ、絶対にこの公演は成り立ちませんでした。
本当に、本当に、感謝してもしきれないです。ありがとう。私は本当に幸せ者です。今皆から贈ってもらったプレゼント見て泣きながらこれ書いてます。

「この本になったら、皆私と死ぬつもりできてください」と脚本会議で言った通り
演目が決まって、初めての稽古日からの69日間、それぞれ最高に死ぬほど苦しかったと思います。
それでも、少しでも、楽しかったと思ってくれたなら、これ以上のことはないです。
うん、私はすっごく苦しい時もあったけど、このメンバーで演れてすっごく楽しかった!!

今回の公演での経験が、次の新歓公演にどう繋がっていくのか、今からとても楽しみです。


さて、とても長々と綴ってしまいました。すみません。
改めまして、劇団warbler第29回公演「風を継ぐ者」にお越しくださった皆様、関わってくれた皆様、本当にありがとうございました!!

それではまた。
PR

2日目です!

みなさん、こんばんは。制作補佐の田島です。 ついに今日、ブログをまだ書いていないことがバレて今書いています。 本番2日目が今日で終わったわけですが、後ろで見ていて私はとても感動してしまいました。 もし、私の大切な兄、『最近彼女と別れたから』と、私にクリスマスプレゼントを買ってくれて一緒にクリスマスパーティーをする約束をしている、そんな兄と今日の公演の前説で噛み倒した自分のことを迅助兄妹に重ね合わせると本番中、色々な意味で泣きそうになってしまいました。(噛みまくってごめんなさいもう噛みません今ではTwitterにめっちゃ笑顔の写真が載ってるのもくそ恥ずかしいです) (´ρ`*)コホンコホン 今回私がみなさんに伝えたいのは『風を継ぐ者』の素晴らしさです。 激動の幕末を一生懸命生き抜いた人々。その1人1人にそれぞれの物語があり、守りたいものがあるんだなあ、と感じさせられました。 私自身、色々な悩みがあって少し元気をなくしていましたが、改めてこの舞台を観て、とりあえず全てに一生懸命になろう!と思えました。 こんな素敵な舞台の制作に携わることが出来て本当に幸せだなあと思いました。 明日は千秋楽です!見応えたっぷりの『風を継ぐ者』!!是非ご覧ください!!!!!(ウィンク)

はじまり

こんばんは。舞監のあおやです。 ブログ書くのずっとサボってたらもう本番当日! 今日だよ! これから3日間、走り抜けるしかありません。 風を継ぐ者の世界にいられるのもあと少しだけ。 でも今日がはじまり。 おやすみなさい。

ワーブラーフレンドリ〜

お久しぶりです!!2年のちょんたむです〜( ´ ▽ ` )ノ今回は、殺陣の振り付け、公演会計、小道具と3つを掛け持ちしてます笑あ、でも小道具は本当にお手伝いできてないので、申し訳ないです…( ; ; )主に殺陣指導を中心に参加してます! 殺陣は、小学校の4年〜高校1年までやってて、大学入ってからもまた再開しました。最近は全然行ってないですが…人に教えるのは今回が初めてで、改めて教えてくださった先生方の偉大さに気づくことができました。人に教えるって難しいですね…殺陣って本当に難しくて、そう簡単に上手くなるものでもないので、教えるのにとても苦労しました。私自身も自分は上手いと思ったことは一度もないし、教え方も下手で殺陣組の役者のみんなには迷惑かけまくりで、正直自分がもっとできたら…もっと教え方が上手ければ…って何度も振り付けを考えてた時や稽古の時に思ってました。でも、今回振り付けを担当させていただいて、自分自身も成長できたかな〜って思えるようになりました。みんなの殺陣がだんだん上手くなってきてるので、早くみなさんに見て欲しいです(^^) 私のくだらない真面目な話はおいといて!はーい!今日はゲネでした〜!もうむっちゃハラハラしました笑殺陣のシーンは特に私はドキドキしちゃいました!みなさん、楽しみにしててくださいねー!あ、重大なこと忘れてました笑今日のゲネにフレンドリーくんが来てくれました!沢山写真撮ってくれました!わーい\(^o^)/役者、スタッフや、手伝ってくださった方々全員で頑張ってる作品です。 また、真面目な話になりますが、人って1人で生きていくことってできないんですよね。これは、生活していく上で気づきます。でも、普通に生活してると当たり前のことって忘れられてしまうことが多くて、大切なものを見失うこともあります。1人でなんでもできるって思っても、それは絶対できないし、影ながら誰かの支えがあるから今の自分がいると思うのです。1人で生きていくことはできないのは、演劇と通じるものがあると思います。演劇も役者だけがいても何も始まりません。役者を引き立てるために舞台があり、衣装があり、小道具があり、音響があり、照明があり、宣伝があり、そして見てくださるお客様がいる。演劇は、1人では作れない。それは、1人の人間として生きる上でも重要なことを、演劇で再認識することが可能ではないかといつも思います。私からの願いは、公演まであと少し、役者もスタッフも「風を継ぐ者」の作品をみんなで作り上げれたことに感謝の気持ちを抱いてほしいと思ってます。そして、お客様と一緒に「風を継ぐ者」の世界を作り上げましょう(*^o^*) 12/1〜12/3 第29回公演「風を継ぐ者」ステージボックスにて、劇団員一同皆様のご来場を心よりお待ちしております!!

明日はゲネ

こんばんは。ブログ書くの久々すぎて書き方を忘れました。2年の中島です。下の名前は名乗らないスタイル。
今回も、前回に引き続き衣装チーフを担当しています。チーフとは名ばかりで、衣装メンバーにいつも助けられております。ありがとう( ; ; )

さて、本番まで一週間を切り、衣装やヘアメイクもだいぶ固まってきました。
今回は時代劇ということで、衣装は袴や着物!!
実は、稽古期間は、部室にこもって衣装を縫っていたので、稽古の方はあまり見ることができませんでした。小屋入り期間に入り、ようやく役者に衣装を着て動いてもらうことができ……もうね、かっこいい!テンション上がる!!
稽古を見学しながら写真を撮りまくる私は、まるで子供の授業参観に来たお母さんのようでした(笑)うちの子かっこいいでしょ!みたいな(笑)
ぜひ、衣装やヘアメイクにも注目して観て頂けたら嬉しいなあと思います^^


突然話は変わって、私は演劇が好きで、演劇のことを考えていることが多くあります。最近は大学の劇団(演劇サークル)って不思議なものだなと考えていました。
何が不思議かって、主宰がいるわけでなく、演出は公演ごとに変わる。何なら、劇団を立ち上げたメンバーが誰1人居なくなっても、その劇団名を名乗り、続いていく。
つまりは、第1回公演をした時のWARBLERと、第29回公演を行うWARBLERは、何もかもが違う。それでも劇団WARBLERは劇団WARBLERなんだ。じゃあ、WARBLERらしさって一体何だろう?

何て難しく考えるのが好きなんですが、考え出すと止まらないのでこの辺でやめておきます(笑)
何が言いたくてこんなことを書いたかというと、今しかない、今の劇団WARBLERを観に来てほしいってことです!
28回公演「ゴジラ」後になんと3人も新メンバーが増え、新星WARBLERですよ^^
きっと次回30回公演では、また違ったWARBLERになっていると思います。

今のWARBLERが観られるのは、12/1〜12/3の「風を継ぐ者」だけ。ぜひ来てください!お待ちしております。

明日のゲネ頑張るぞ!

カレー美味かった。パパは嬉しいよ

どうも2年で鳩斎役でパパの中西です(´・Д・)」 公演初日までに遂に1週間切りました…!早いものですねぇ(´・Д・)」 連日みんなでステージボックスに篭って励んでおります。そしてそう言った過密スケジュールをこなす上で最も大切なのが「健康を保つ」ことです。つまりは「食生活」ですね(´・Д・)」 先日、ウチの沖田くんの食生活をみんなで心配したのです。基本カップラーメン生活だったらしいので…。その上、彼の家はIHキッチン改めHIVキッチンらしいので健康云々以前の問題の様です(´・Д・)」 バイオテロです(´・Д・)」 そんな彼がパパこと私にカレーを持ってきてくれたのです!(´・Д・)」 美味しかった…パパは嬉しいよ(´・Д・)」 そんな感じで健康に気をつけながら僕らは明日も頑張るのです…!(´・Д・)」 急に寒くなってしまいましたし皆さんも健康にはお気をつけ下さいな(´・Д・)」 それじゃ、おやすみなさい(´・Д・)」

寒い日にはキムチ鍋が食べたい

こんばんは。
映身3年衣装担当のいがらしです。


秋を一瞬で駆け抜け、冬になったなーと思っていたらまさかの雪!
むだに広々とした我らが座キャンは綺麗に降り積もった雪景色が楽しめましたね! 中々雪に巡り会えない関東勢は雪が降るとテンションが上がるものですが、ちょっと辛さが勝ってきたのでこれが折り返し地点かと感じました。 すんごく寒くて、これは今日の夕ご飯はお鍋かシチューだな!とるんるんで帰ったんですが現実はミートスパゲティが待っていました美味しかったです。 長い前置きでしたが 入り期間も4日が経ち、全体像が見えてきましたね〜。 衣装も身に付け、サムライ、様になってますよ。かっこいいですよ! 今日は多数の役者が髪型を試していたんですが、キリッとかっこよく、役者それぞれの違った一面が見れたりするので公演でぜひチェックしてください! 裏話としては 髪型ほぼそのままで私服を着て帰るサムライたちがツボでした。某タイムスリップ系ドラマのような、どこかのアーティストのような‥(笑) わたしには下車していく彼らがタイ人留学生にしか見えなかったです。 そんなこんな衣装にもポイント盛り沢山の劇団WARBLER第29回公演『風を継ぐ者』は12月1日に開幕です! 3日間立教大学新座キャンパスユリの木ホール1Fステージボックスにてお待ちしております!

テクマクマヤコン

またまた衣装担当になりました1年のおだです。

最近ようやっと衣装が完成してきまして、昨日は役者さんに実際に衣装合わせをしてもらいました!
もうね、とっても良きです!
新撰組の方はもちろんですが女性陣がとても素敵で衣装を着てもらうたびにはしゃいで声が枯れます。殺陣をする際などもう袴の裾や着物の袖がばっさばさ舞って興奮でどきどきです。揺れるものを目で追ってしまうのは本能なので仕方ないですね!

しかしです、今回は全ての役者さんに着付けヘアメイクが必要で準備に時間がかかります。そのため公演初日木曜日の3限に出席できない説が浮上しています。なんとその時間は視覚論です!みんな大好き山本先生!パフパフドンドン!!!!私は福祉生なので貴重な映身の授業を切るのは避けたいのですがどうなることやら……。

私は服を見るのも作るのも着るのも着てもらうのも全部好きですが舞台衣装はまた特別ですね。私服ではできない煌びやかな装飾に惹かれますし自分以外の人に変身できるのが最大の魅力だと思ってます。
そんなことを言っておきながら私個人今月は全く服が買えていないため毎日着るものがないって半泣きで通学してます。服がないというよりは大学に着ていける(重要)私が可愛いと思える服がないという感じですがこちらにとっては死活問題です。公演が終わったら原宿か高円寺のどこかに出没すると思います。とりあえずマフラー買わねば。もふもふ。

===========
立教大学新座キャンパス所属 劇団WARBLER 第29回公演 『風を継ぐ者』

2016年 12月1日木曜日 17時00分~ 12月2日金曜日 17時00分~ 12月3日土曜日 13時30分~ 上演時間約2時間を予定

立教大学新座キャンパス ユリの木ホール1Fステージ ボックス

●公演特設ブログ/サイト www.warblern0.wix.com/kaze29

●チケット予約サイト https://ticket.corich.jp/apply/78607/
===========

関節が痛い

どもども皆さんお久しぶりでございます
はらだです
ブログ久しぶりだなぁ
よろしければ少々駄文にお付き合いくださいませ

最近首を回すとピキピキゴリゴリという恐ろしい音が鳴ります
昔から肩凝りもあるのですが、どうもこの首から肩にかけてらへんがよろしくないらしく
知らない間に力が入ってるんでしょうね
それに加えて腰も痛いんです最近
右肘も痛くなったりするのですがなんでこんなにからだがガタガタなんでしょう………
おばあちゃんみたいだ………

まぁそんな話は置いといて

今回の公演「風を継ぐ者」は、演劇集団キャラメルボックス原作の幕末を描いた物語です
何を隠そうわたくしはらだはキャラメルボックスが大好きでですね、まぁハマったのは高校2年生の時なんでちょっと遅いんですが、それ以降は受験直前を除き全ての公演を観に行っているのです
まさかそんなわたしがキャラメルの脚本の公演に携わることになろうとは……………
人生何が起こるかわかりませんね

今回もはらだは音響をやらせていただいております
なんとチーフです
ひぇっ
頼り甲斐のありすぎる先輩(3女さん)とわたしより断然しっかりしている後輩(1女)、音響初挑戦ながら飲み込みのよすぎる後輩(1男)に支えられて頑張っておりますが、日々反省ばかりなのです
要領がよくなりたいものですね
どこかに要領がよくなる薬とか落ちてないでしょうか
どなたか見つけましたらわたしに連絡をください()

幕末ということで今回は殺陣があります
殺陣!楽しいね!
アクション見るの大好きマンなのでテンションだだ上がりです
それとわたくし、高校の時友達と新撰組ゆかりの地巡りをしたほど新撰組も好きなので、衣装さんが浅葱色の羽織を持ち運ぶたびに嬉しくなっています
やったあ!

さて
つらつらと書いて参りましたがまぁ何が言いたいのかと申しますと
団員一同とてもとても頑張っているので、どうぞお暇な方もそうでない方もご来場くださいということです
己の信じる志を胸に激動の時代を命がけで駆け抜けた者たちの勇姿を、是非ご覧くださいませ

これまで駄文にお付き合いいただきありがとうございました
それでは、また



=========== 立教大学新座キャンパス所属 劇団WARBLER 第29回公演 『風を継ぐ者』

2016年 12月1日木曜日 17時00分~ 12月2日金曜日 17時00分~ 12月3日土曜日 13時30分~ 上演時間約2時間を予定

立教大学新座キャンパス ユリの木ホール1Fステージ ボックス

●公演特設ブログ/サイト www.warblern0.wix.com/kaze29

●チケット予約サイト https://ticket.corich.jp/apply/78607/

===========

県民性

最近、後輩にどこ出身っぽいか聞くのにはまってる4年のみきとです。
今日いち、嬉しかったのは新入部員のかわな君に「東京都民っぽい」って言われたのが嬉しかったです。「東京のどこらへん出身っぽい?」って聞いたら、「吉祥寺とか?」って言われてすげえテンションあがりました。でも、新入部員のはれまき君からは、「みきとさんは、福井県民っぽい。」って言われて、はれまき君は人のことよく見てるなー、って思いました。

入りも二日目です。
やることがすごいたくさんあって、自分は照明なんですけど、照明も仕事たくさんあって、頑張ってます。
今回の舞台は、殺陣とかもあってかっこいいし、役者の演技もかっこいいし、音響も照明かっこいいものにしたいと思っているので楽しみにしていてください。

後、余談ですが、今日あったことをきいてください。今日帰りに今回の主役で役者チーフのりょうたと一緒に帰ってて、なんで演劇をやってるのか。みたいな話になって、色々話したんですけど、りょうたは、演劇が楽しくて演劇をやってるって言ってて、すごいいいなー。羨ましいなー。って思ったんですけど、っていうのも、自分は別に演劇が楽しくてやってるって感じあまりしてなくて、高1から大学4年まで演劇だけは続いてて、自分割と三日坊主タイプなんですけど、かなり続けられてる方なので続けてる感じです。自分は、続けることって割と重要だと思ってて、続けていれば嫌なこととかもあるけど、その分だけ身についていくこともたくさんあって、そういうことが重要なんじゃないかなーと思っています。三日坊主タイプなのに、何言ってるんだって感じですよね…こういう真面目なことしかブログに書けないあたりが福井の県民性でてるなって感じしますね。

Copyright © 劇団WARBLERブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]